Takuro Yonezawa

Takuro Yonezawa

Nagoya University

H-index: 16

Asia-Japan

About Takuro Yonezawa

Takuro Yonezawa, With an exceptional h-index of 16 and a recent h-index of 12 (since 2020), a distinguished researcher at Nagoya University,

His recent articles reflect a diverse array of research interests and contributions to the field:

量子アニーリングとブラックボックス最適化を用いた倉庫内業務最適化

Internet of Realities: 現実際技術とその応用

Semi-Automated Framework for Digitalizing Multi-Product Warehouses with Large Scale Camera Arrays

倉庫内業務の量子アニーリングによる最適化とシミュレーションによる評価

Area modeling using stay information for large-scale users and analysis for influence of covid-19

SafariCast: サファリ地域における動物のストレスを考慮した位置情報共有システム

Analysis and Application of Additive Compositionality of Area Distributed Representation Based on Stay Big Data

CrowdFlowTransformer: Capturing Spatio-Temporal Dependence for Forecasting Human Mobility

Takuro Yonezawa Information

University

Nagoya University

Position

___

Citations(all)

1118

Citations(since 2020)

587

Cited By

629

hIndex(all)

16

hIndex(since 2020)

12

i10Index(all)

29

i10Index(since 2020)

17

Email

University Profile Page

Nagoya University

Top articles of Takuro Yonezawa

量子アニーリングとブラックボックス最適化を用いた倉庫内業務最適化

Authors

髙木魁利, 瀧上昂希, 片山晋, 浦野健太, 米澤拓郎, 河口信夫

Journal

研究報告ユビキタスコンピューティングシステム (UBI)

Published Date

2024/5/2

論文抄録サプライチェーンの拡大に伴い, モノの中継地点である物流倉庫のさらなる効率化が求められている. しかし物流倉庫は休みなく運用されるため, 現実空間における運用方法・環境の変更と, その定量的な評価は容易ではなく, センシングによる倉庫環境デジタル化と仮想環境の最適化が不可欠である. 最適化の一種に物流・経済・交通などの多様な分野で応用されている組合せ最適化がある. 近年, 組合せ最適化問題に特化した量子アニーリングマシンと呼ばれるハードウェアが登場し, 現実に存在する多様な組合せ最適化問題を高速に解く手段として注目を集めている. 一般に組合せ最適化問題を解くためには, 対象とするドメインの専門知識に基づいた独自の数理モデルを構築し, 最適化を行う. しかし, 数理モデルの構築は容易ではなく, 独自の数理モデルに基づいた最適解は, 実環境やシミュレータで評価を行うまで有効性が保証されない. そのため, 実環境やシミュレータに基づいた最適化を行う必要がある. 本研究では量子アニーリングとシミュレータを用いた実在する物流倉庫の入荷場を対象とした業務とシフトを割り当てる組合せ最適化を行う. 具体的には倉庫内シミュレータと Factorization Machine の学習による数理モデル化, そして量子アニーリングによる最適化を相互に繰り返し, 最適化を行う. 本手法の最適化の結果, 実際の倉庫での業務とシフトと比較してリードタイムを最大 37.37%, 残留荷物数を最大 95.47%, 合計労働時間を最大 14.29% 削減した.

Internet of Realities: 現実際技術とその応用

Authors

米澤拓郎

Journal

研究報告ユビキタスコンピューティングシステム (UBI)

Published Date

2024/5/2

情報学広場:情報処理学会電子図書館 音声ブラウザ対応ページへ コンテンツエリアへ 新規登録 ログイン お知らせ ※ユーザ登録は無料です. 本電子図書館のご利用にあたっては「情報処理学会 電子図書館利用規約」をご遵守下さい. 情報学広場に掲載されているコンテンツには有料のものも 含まれています. 有料コンテンツをご購入いただいた場合はクレジットカード決済のみとなります. 領収書をご希望の方は次の送信フォームにてご連絡ください. https://www.ipsj.or.jp/02moshikomi/digital_library/dl-receipt.html 複写および転載をされる方へ 一般社団法人情報処理学会では複写複製および転載複製に係る著作 権を学術著作権協会に委託しています.当該利用をご希望の方は,学術著作権協会が提供している 複製利用許諾システムもしくは転載許諾システムを通じて申請ください. 尚,本会会員(賛助会員含む )および著者が転載利用の申請をされる場合については,学術目的利用に限り,無償で転載利用 いただくことが可能です.ただし,利用の際には予め申請いただくようお願い致します. ※…

Semi-Automated Framework for Digitalizing Multi-Product Warehouses with Large Scale Camera Arrays

Authors

Keisuke Higashiura,Kodai Yokoyama,Yusuke Asai,Hironori Shimosato,Kazuma Kano,Shin Katayama,Kenta Urano,Takuro Yonezawa,Nobuo Kawaguchi

Published Date

2024/3/11

As global demand for logistics continues to grow, optimizing the automation and efficiency of distribution warehouse operations is of paramount importance. Digitalizing warehouse environments, which refers to the process of sensing the physical space and extracting meaningful information from the obtained data, offers a promising solution to this challenge. However, converting raw warehouse data, such as video footage captured inside the warehouse, into actionable metadata (e.g., tracking the movement paths of workers and products or analyzing the usage patterns of different warehouse locations) often necessitates significant human intervention. The rise of machine learning further complicates this, as it requires the manual preparation of extensive training datasets. In this paper, we introduce a framework that semi-automates the digitalization process in complex warehouse settings. This framework employs …

倉庫内業務の量子アニーリングによる最適化とシミュレーションによる評価

Authors

瀧上昂希, 福島悠人, 浅井悠佑, 片山晋, 浦野健太, 米澤拓郎, 河口信夫

Journal

研究報告モバイルコンピューティングと新社会システム (MBL)

Published Date

2024/2/22

論文抄録ユビキタスコンピューティングの発展により, 物理空間のデジタル化が進んでいる. リアルタイムでのデータ収集や膨大なデータセットによって現実世界に有用な洞察をもたらす分析や可視化が可能となっている. 一方で, 膨大なデータによる現実世界の最適化は, データ量や計算負荷の観点から困難であった. 最適化の一種に物流・経済・交通などの分野で多様な分野で応用されている組み合わせ最適化がある. この問題は実空間の最適化に応用されているが, 組み合わせ爆発等の問題により, 現実の膨大なデータを入力とした最適化計算は困難であった. しかし近年, 組み合わせ最適化問題に特化した量子アニーリングマシンと呼ばれるハードウェアが登場し, 大規模な問題を解決する可能性を示している. この研究では量子アニーリング応用の一例として愛知県にある物流倉庫を対象とした入荷場レイアウト最適化とそのシミュレーション評価を行う. 具体的には, 入荷場を 1m x 1m のグリッドに分割してそれぞれのグリッドに異なる用途を割り当てる組み合わせ最適化問題として数理モデルを構築する. 最適化および評価の結果, 実際の倉庫レイアウトと比較して, 最適化されたレイアウトでは, 作業員の移動距離を 10.76% 削減し, 荷物のリードタイム時間を 3.82% 短縮できた. また, シミュレーションの成功率も 13.90% 向上した. 本研究は実空間最適化に対する量子アニーリング技術の有効性を示唆すものである.

Area modeling using stay information for large-scale users and analysis for influence of covid-19

Authors

Kazuyuki Shoji,Shunsuke Aoki,Takuro Yonezawa,Nobuo Kawaguchi

Journal

arXiv preprint arXiv:2401.10648

Published Date

2024/1/19

Understanding how people use area in a city can be a valuable information in a wide range of fields, from marketing to urban planning. Area usage is subject to change over time due to various events including seasonal shifts and pandemics. Before the spread of smartphones, this data had been collected through questionnaire survey. However, this is not a sustainable approach in terms of time to results and cost. There are many existing studies on area modeling, which characterize an area with some kind of information, using Point of Interest (POI) or inter-area movement data. However, since POI is data that is statically tied to space, and inter-area movement data ignores the behavior of people within an area, existing methods are not sufficient in terms of capturing area usage changes. In this paper, we propose a novel area modeling method named Area2Vec, inspired by Word2Vec, which models areas based on people's location data. This method is based on the discovery that it is possible to characterize an area based on its usage by using people's stay information in the area. And it is a novel method that can reflect the dynamically changing people's behavior in an area in the modeling results. We validated Area2vec by performing a functional classification of areas in a district of Japan. The results show that Area2Vec can be usable in general area analysis. We also investigated area usage changes due to COVID-19 in two districts in Japan. We could find that COVID-19 made people refrain from unnecessary going out, such as visiting entertainment areas.

SafariCast: サファリ地域における動物のストレスを考慮した位置情報共有システム

Authors

志村魁哉, 片山晋, 浦野健太, 米澤拓郎, 河口信夫

Journal

研究報告ユビキタスコンピューティングシステム (UBI)

Published Date

2024/5/2

論文抄録ケニアの観光アクティビティの一つに, ゲームドライブと呼ばれるものがある. ゲームドライブでは観光客は現地ガイドが運転する車に乗り, 野生動物の観察を楽しめる. しかし, 現在のゲームドライブでは, 動物の探索に関する情報を現地ガイド同士が一対一で連絡・共有を行なっており, 効率的でない. また, 動物が置かれた環境が考慮されずに周囲の観光車両に共有されるため, 動物の近くに観光車両が密集し, 動物にストレスを与える可能性がある. 本研究では, ゲームドライブの楽しさを損なわずに, 動物への悪影響を考慮した新しい情報共有手法である SafriCast を提案する. 提案手法では, 観光車両の密度に応じて動物の位置情報配信を制御し, 満足度の低い車両に優先的に情報共有を行う. 全ての観光車両にはカメラと GNSS を装備し, 動物の写真と位置情報を収集・解析して効果的な情報共有を行う. この手法により, ゲームドライブの魅力を損なうことなく, 動物へ与えるストレスを軽減する効率的な情報配信システムの実現を目指す.

Analysis and Application of Additive Compositionality of Area Distributed Representation Based on Stay Big Data

Authors

NAOKI TAMURA,KAZUYUKI SHOJI,KENTA URANO,TAKURO YONEZAWA,NOBUO KAWAGUCHI

Journal

情報処理学会研究報告 (Web)

Published Date

2023

Analysis and Application of Additive Compositionality of Area Distributed Representation Based on Stay Big Data | Article Information | J-GLOBAL Art J-GLOBAL ID:202302251255146367 Reference number:23A1539423 Analysis and Application of Additive Compositionality of Area Distributed Representation Based on Stay Big Data 滞在ビッグデータに基づくエリア分散 表現の加法構成性の分析と活用 Publisher site {{ this.onShowPLink() }} Copy service {{ this.onShowCLink("http://jdream3.com/copy/?sid=JGLOBAL&noSystem=1&documentNoArray=23A1539423&COPY=1") }} Access JDreamⅢ for advanced search and analysis. {{ this.onShowJLink("http://jdream3.com/lp/jglobal/index.html?docNo=23A1539423&from=J-GLOBAL&jstjournalNo=U0451A") }} Author (6): TAMURA NAOKI About TAMURA NAOKI Search "202250000839650989" Search "TAMURA NAOKI" (名古屋大 大学院工学研究科) About 名古屋大 大学院工学…

CrowdFlowTransformer: Capturing Spatio-Temporal Dependence for Forecasting Human Mobility

Authors

Tomoki Choya,Naoki Tamura,Shin Katayama,Kenta Urano,Takuro Yonezawa,Nobuo Kawaguchi

Published Date

2023/3/13

Crowd flow forecasting is expected to have a wide range of applications such as human resource allocation, guidance design, marketing, disaster mitigation and congestion prediction for avoiding epidemic such as COVID-19. Crowd flow forecasting is challenging because it requires considering both the task of capturing the temporal dependency of data and capturing the spatial dependence. To address these challenges, in this paper, we propose a mechanism for referencing time-series features that are important for forecasting and incorporating graph convolution into Transformer, and we introduce CrowdFlowTransformer(CF-Transformer), a deep learning model based on Google's Transformer framework captures the Spatio-temporal dependency of time series. CF-Transformer captures the time series dependency by extracting important local time series from the past time series, inputting them to the decoder …

複数ユーザによる全方位インタラクションを可能にする 360 ロボットハンドシステム

Authors

渡辺圭貴, 林田望海, 片山晋, 浦野健太, 米澤拓郎, 河口信夫

Journal

マルチメディア, 分散, 協調とモバイルシンポジウム 2023 論文集

Published Date

2023/6/28

論文抄録デジタルツインやメタバース等, 空間の種類と量が増大する中で, 異なる空間に存在するユーザ間を接続するテレプレゼンス手法は, 空間間のコミュニケーションやサービスを向上させるためにより重要となっている. 本論文では, 空間間でのコミュニケーションにおいて, 360 度方向のコミュニケーションに対応した 360 ロボットハンドシステムである RHS360 を提案する. この RHS360 により, サイバー空間上のユーザの位置とロボットハンドの位置整合性を常に担保でき, 且つサイバー空間のユーザが空間内の移動にも対応してロボットハンドを再配置できる. これにより, ロボットハンドを用いてジェスチャーを含むコミュニケーションを行えるだけでなく, コミュニケーションにおいて重要とされるソーシャルキューの提供を行う. また, ユーザ調査を行い, ロボットハンドの移動を見たユーザから相手の思考を読み取りやすさの向上, 親密度の上昇という結果が得られ, 提案手法による異空間間コミュニケーション体験の向上を示した.

Understanding Regional Characteristics Through EC Data Analysis

Authors

Kohei Yamaguchi,Kazuyuki Shoji,Naoki Tamura,Namiki Sakakura,Yuki Matsukura,Yu Hiranaga,Kohei Shimomura,Kenta Urano,Takuro Yonezawa,Nobuo Kawaguchi

Published Date

2023/7/9

The COVID-19 pandemic, which began in 2020, has changed people’s lives, and people are shopping more online. While the analysis of online shopping is becoming increasingly important, regional differences in consumption trends exist. This study proposes a data-driven regional modeling method based on EC purchase data to examine the regional characteristics of online shopping purchase trends. Using the proposed method, we quantified and visualized the degree of similarity of consumption trends among regions and the degree of dispersion of consumption trends within regions using approximately 300,000 lines of online shopping history for 3 years in Japan. As a result, we found that there was some disruption in the early stages of e-commerce for food products by region, while there was little difference in consumption trends among regions for daily necessities. In addition, for consumer durables and …

360 Robot Hand Interaction for Group Telepresence with MetaPo

Authors

Yoshiki Watanabe,Nozomi Hayashida,Shin Katayama,Kenta Urano,Takuro Yonezawa,Nobuo Kawaguchi

Published Date

2023/11/7

In this demonstration paper, we present the RHS360, a 360-degree robotic hand system designed to facilitate communication across spatial domains. The RHS360 is capable of providing continuous alignment between the user’s position in the cyber space and the robotic hand’s position. Furthermore, it allows users in the cyber space to reposition the robotic hand to accommodate their movements within the space. Our system not only enables communication, including gestures, through the use of the robotic hand but also provides essential social cues that are crucial in effective communication.

Trusted Inter-Reality 基盤における利用主体に関するトラスト

Authors

金岡晃, 米澤拓郎

Journal

情報処理学会論文誌

Published Date

2023/12/15

論文抄録情報技術の発展が現実 (Reality) を物質空間からサイバーな実質空間へと拡張し人々のインターネット利用が急速に増加するなか, 異なる Reality 間の接続性の提供と相互の連携促進が次世代社会の安定に不可欠である. 本稿では, 情報技術の進化によって拓かれたサイバーな実質空間における我々の Reality が成す利用主体の信頼確立に焦点を当てた. そして Reality 間の接続において信頼を確立するための具体的なアプローチ 「Trusted Inter-Relity 基盤」 について論じた. 安心・安全なサービス提供には各 Reality を構成する要素の信頼が不可欠であり, 設計段階からキュリティ・プライバシ保護の検討が必要であることに加え, 拡張された Reality における利用主体の属性を考慮し, 新たなトラスト基盤の要件を明らかにするための研究開発の重要性を示した. 具体的には, 利用主体の同一性保証, 認証, 暗号手法の適用などの議論が必要であろう. 本稿で述べたトラストの確立などから提供される 「Trusted Inter-Reality 基盤」 を通じて, 次世代の安心・安全なサービス提供を行い, 拡張された Reality における利用主体のトラスト確立に貢献することを目指す.

自律ネットワークにつながる自律移動ロボットを用いる映像サービス実現に向けた初期プロトタイプの開発

Authors

髙橋美乃里, 山本秀樹, 岩下将人, 金田悠作, 浦野健太, 米澤拓郎, 河口信夫

Journal

IEICE Conferences Archives

Published Date

2023/2/28

本研究では,Beyond 5Gのサービスで求められる,より高度なネットワーク制御と事業者間連携に向け,自律ネットワークと双方向CDNと自律移動ロボットが連携し,動物園で実際にツアーに参加している人がおり,さらに遠隔地にいる人同士で同期がとれた動物園の映像を視聴できる遠隔動物園ツアーサービスの社会実装に向けた検討を行っている.本報告では,それぞれの基本機能から検討したシステムの初期プロトタイプと,検証から明確になった課題について述べた.今後は,3つの機能を連携させたさらに大規模なシステムを開発し,将来の様々なBeyond 5G上のサービスの社会実装に向けた研究開発を進めていく.

通過情報を活用した移動経路分析・応用手法の評価

Authors

永田吉輝, 浦野健太, 米澤拓郎, 河口信夫

Journal

研究報告ユビキタスコンピューティングシステム (UBI)

Published Date

2023/5/17

論文抄録移動データは運輸や施設運用, 災害対策など多くの分野で活用が進んでいるが, プライバシーへの懸念や広域かつ詳細な移動データ収集にかかるコストなど, 様々な課題が存在する. 本研究では, 完全に個人を特定しない通過情報を用いた計算コストが低い移動経路分析手法の評価を行った. 実証実験では, 中部国際空港にて入退推定用の通過情報と正解用の人のトラッキングデータを収集した. 結果, 入退推定結果とトラッキングデータによる正解入退情報のコサイン類似度は 0.93 となり, 統計的手法によるコサイン類似度 0.83 より高精度となった. また, 移動時間を含めた入退情報の正解率は 68% となった.

全方位カメラによる設備外形を考慮した天井パノラマ画像合成手法

Authors

小濱大輝, 永田吉輝, 安武和成, 浦野健太, 片山晋, 米澤拓郎, 河口信夫

Journal

マルチメディア, 分散, 協調とモバイルシンポジウム 2023 論文集

Published Date

2023/6/28

論文抄録運用中の建物の天井改修において, 天井の現況を示したデータを一から作るには人的・経済的コストがかかる. 安価な全方位カメラで撮影した動画から天井を一様に写したオルソ画像を合成できれば, コストを抑えられる. 本研究では, 天井を一様に写す天井パノラマ画像が, 忠実に実際の天井を再現できるように, 合成時に天井パノラマ画像上の各地点が最も綺麗に写るような合成手法を提案する. また, 天井設備種類特定に役立つように, 設備外形が破綻なく写ることにも考慮する. 設備外形が破綻なく写された天井パノラマ画像は, 設備が 1 枚の画像から合成されるため, その特徴を確実に捉えられる. 実験では, 個室が複数ある約 273㎡ の室内空間で全方位動画を撮影し, データを収集した. 合成したパノラマ画像を精度及び同一設備の合同性の観点で評価したところ, 提案手法はベースラインと比較して高精度で, 視認性が高いことを確認した.

Wildlife Spotting and Sharing System for Kenyan Safari Game Drives

Authors

Kaiya Shimura,Shin Katayama,Kenta Urano,Emanuel Leleito,Takuro Yonezawa,Nobuo Kawaguchi

Published Date

2023/11/7

Traditional wildlife spotting on Kenyan Safari Game Drives, rooted in visual scouting and sporadic communication, encounters challenges in animal detection efficiency and environmental preservation. In light of rejuvenating post-pandemic tourism and enhancing safari experiences, this study proposes a wildlife spotting and sharing system. The methodology melds wildlife detection and sharing technologies, anchored by three core principles: preserving chance of encounters, regulating information accessibility, and endorsing environmental conservation. The system architecture employs sensors, GPS, and tablet terminals for real-time data acquisition, animal identification, and information propagation. This approach aims to nurture an engaging, efficient, and eco-conscious wildlife spotting and sharing experience, potentially setting a benchmark for sustainable wildlife tourism in similar wildlife-rich regions.

Digitization and Analysis Framework for Warehouse Truck Berth

Authors

Kodai Yokoyama,Shin Katayama,Kenta Urano,Takuro Yonezawa,Nobuo Kawaguchi

Published Date

2023/11/29

In distribution warehouses, various forms of data transformation are underway, such as the conversion of data related to receiving and inventory management. Distribution warehouses have designated areas known as truck berths, where trucks are parked for loading/unloading. While data collection is expected to enhance work efficiency at these truck berths, there is no data regarding the status of work in progress in the unloading space, and no system is in place to analyze the work. Consequently, it is unclear which tasks are problematic and how to enhance efficiency. To address this issue, this paper proposes a framework for analyzing the loading/unloading situation at truck berths with the objective of enhancing berth utilization efficiency and work efficiency. Specifically, we employed a fixed camera for object detection through instance segmentation. This approach enables us to understand the situation of …

Coordinated autonomous networks for remote synchronized video services with the autonomous mobility robots-prelude implementation

Authors

H Hideki Yamamoto,Masato Iwashita,Norio Kondo,Leon Wong,Yusaku Kaneta,Kenta Urano,Takuro Yonezawa,Nobuo Kawaguchi

Published Date

2023/2/20

This article describes the design and prelude implementation of coordinated autonomous networks for remote synchronized video services with the autonomous mobility robots. The domain of this article is the world that human uses autonomous mobility robots (AMR) as a kind of multimedia terminals with 360 degree display and other devices. The video service with AMR and other terminals (e.g. VR goggles) are managed by Bi-directional CDN. And the high quality network infrastructure for the above services are provided by autonomous networks.

移動ビッグデータを用いた公共空間の価値評価手法

Authors

坂倉波輝, 米澤拓郎, 田村直樹, 永田吉輝, 庄子和之, 山口公平, 浦野健太, 河口信夫

Journal

研究報告高度交通システムとスマートコミュニティ (ITS)

Published Date

2023/5/11

論文抄録都市公共空間の価値評価を多様な観点で行うことは, 行政施策の立案と評価, 住民の QoL 向上のために今後益々重要となる. 近年, スマートフォンなどから収集された移動ビッグデータの利活用が進んでおり, 公共空間の価値分析にも適用することで, エビデンスベースでの政策立案につなげることができる可能性がある. 本研究は, 公共空間, 特に公園を対象とし, 市民の訪問距離と滞在時間の特徴を考慮した場所の埋め込みモデルを構築し, 各公園の特徴をモデリングし, その特徴に応じた分類を可能とする手法を構築する. 提案した手法に基づき, 各公園の施設情報 (面積や遊具数) を顕在的な価値と捉え, その顕在的な価値のみでは捉えられない公園の価値を潜在価値として捉え, 各公園を定量的に評価可能とする手法の実現を目指す.

天井設置型の複数マイクと話者の位置情報を用いた発話方向推定手法

Authors

市川直人, 戸出悠太, 片山晋, 浦野健太, 米澤拓郎, 河口信夫

Journal

マルチメディア, 分散, 協調とモバイルシンポジウム 2023 論文集

Published Date

2023/6/28

論文抄録屋内における人の位置と顔向きを推定するためにカメラや距離センサを用いた手法が研究されている. しかし, これらの技術は利用者へのプライバシーに関する心理的負荷, 障害物・人による死角, 高コスト化などの問題を抱えている. そこで本研究では, 赤外線センサを用いた位置情報の取得を前提として, 天井に設置した複数マイクの音声を用いた発話方向推定手法を提案する. まず発話方向による音声信号の音響パワーの違いに注目して, フーリエ変換を用いて特定周波数帯における音響パワー比を算出した. そしてパワーフレームのサイズで平均と分散を取り, 8 次元ベクトルとして SVM (Support Vector Machine) に与え, 八方位にラベリングした発話方向の推定を行った. 実際に, 86.4㎡ の屋内で約 56 分の複数の被験者の音声データを収集し, 1.2 秒の音声信号に対して最大 84% で発話方向推定ができることを確認した. さらに人による学習データ収集の負担を軽減し, 一定環境でのデータ収集を可能とするため, 声帯模型を用いた擬似発話音声データの収集を行い, 検証を行った.

See List of Professors in Takuro Yonezawa University(Nagoya University)

Takuro Yonezawa FAQs

What is Takuro Yonezawa's h-index at Nagoya University?

The h-index of Takuro Yonezawa has been 12 since 2020 and 16 in total.

What are Takuro Yonezawa's top articles?

The articles with the titles of

量子アニーリングとブラックボックス最適化を用いた倉庫内業務最適化

Internet of Realities: 現実際技術とその応用

Semi-Automated Framework for Digitalizing Multi-Product Warehouses with Large Scale Camera Arrays

倉庫内業務の量子アニーリングによる最適化とシミュレーションによる評価

Area modeling using stay information for large-scale users and analysis for influence of covid-19

SafariCast: サファリ地域における動物のストレスを考慮した位置情報共有システム

Analysis and Application of Additive Compositionality of Area Distributed Representation Based on Stay Big Data

CrowdFlowTransformer: Capturing Spatio-Temporal Dependence for Forecasting Human Mobility

...

are the top articles of Takuro Yonezawa at Nagoya University.

What is Takuro Yonezawa's total number of citations?

Takuro Yonezawa has 1,118 citations in total.

    academic-engine

    Useful Links