E-pHEMT による GAD を用いる 20GHz 帯倍電圧整流器 MMIC

IEICE Conferences Archives

Published On 2021/2/23

電波を用いる無線電力伝送の効率改善のため,ミリ波の適用が検討されている.小形アンテナでの低伝搬損が期待できる一方,整流器の高効率化,大電力化が課題である.筆者らはE-pHEMTによるGated anode diode (GAD)を用いる 5.8GHz帯整流器MMICにより,高効率,大電力動作を確認している.ここでは,このGADによる20GHz帯倍電圧整流器MMICの試作結果を報告する.

Journal

IEICE Conferences Archives

Published On

2021/2/23

Authors

Naoki Sakai

Naoki Sakai

Kanazawa Institute of Technology

Position

H-Index(all)

8

H-Index(since 2020)

6

I-10 Index(all)

0

I-10 Index(since 2020)

0

Citation(all)

0

Citation(since 2020)

0

Cited By

0

Research Interests

Microwave circuit

Wireless power transfer

Rectifier

University Profile Page

Other Articles from authors

Naoki Sakai

Naoki Sakai

Kanazawa Institute of Technology

An Integrated Planar Guanella Balun with the Quasi-Coaxial Structure on GaAs Substrate

This paper proposes a planar Guanella balun with the quasi-coaxial structure. This is the first report of the Guanella balun fabricated on a GaAs substrate. The quasi-coaxial structure is configured with metal layers on three thin dielectric layers of a few micrometers thickness. These layers are laminated on the GaAs substrate. The metal on the second layer (the second metal) is an inner conductor, which is surrounded by the first and third metals correspond to an outer conductor. The first and third metals are split lines to widen the inner conductor. The fabricated Guanella balun has a spiral shape, and its size is by . The fabricated Guanella balun shows less than of amplitude imbalance and 7.3 degrees of phase imbalance from 5 GHz to 15GHz. The fabricated Guanella balun is realized with half elements of a Marchand balun and achieves good performance with small size.

Naoki Sakai

Naoki Sakai

Kanazawa Institute of Technology

IEEE Antennas and Wireless Propagation Letters

Graded Index Fiber-Inspired 3-D Printed Surface Focusing Porous Dielectric Structure With GaAs MMIC Rectenna Towards Millimeter Wave Wireless Power Transfer Application

Borrowing the idea of the graded-index (GRIN) fiber, we propose an all-dielectric porous structure with a unique surface focusing feature to improve the performance of the rectenna for millimeter-wave (mm-Wave) wireless power transfer (WPT) applications in this letter. The on- and off-axis focusing properties of the proposed structure are analyzed by the full-wave electromagnetic simulation. Moreover, benefitting from the low-cost 3-D printing technique, the designed GRIN structure prototype with different pore densities of the polylactic acid material is fabricated. The near-field phase transform experiment at 28 GHz was carried out to verify the excellent focusing performance of the fabricated structure prototype. Besides, the characteristics of multifocal spots on the surface of the proposed structure are further confirmed by the mm-Wave WPT experiments with a GaAs monolithic microwave integrated circuit rectenna …

Naoki Sakai

Naoki Sakai

Kanazawa Institute of Technology

IEICE Conferences Archives

高効率・大電力レクテナ

本報告では,金沢工業大学における高効率・大電力レクテナの研究状況について述べる.ドローンなどのUAVへの無線給電を行う場合,限られた受電面積から所望の直流電力を取り出すために,レクテナの大電力化,高効率化が必要となる.本稿ではその手法を述べる.

Naoki Sakai

Naoki Sakai

Kanazawa Institute of Technology

IEICE Conferences Archives

GaAs E-pHEMT gated anode diode を用いた 5.75 GHz 帯 1W レクテナ

空間伝送型ワイヤレス電力伝送の法制度化が進み,実用化に向けた開発が行われている.その中で,金沢工大ではダイポールアンテナとE-pHEMT gate anode diode(GAD)による整流素子を直接整合し,整合回路の損失を抑制した高効率レクテナを報告している[1].本報告は,レクテナを低姿勢化させる上で有利なパッチアンテナ用い,[1]と同様の直接整合構成の1Wレクテナを開発したので,その結果を報告する.[1] N. Sakai, K. Itoh et.al, "5.8GHz Band 10W Rectenna with GaAs E-pHEMT Gated Anode Diode on the Aluminum Nitride Antenna for Thermal Dispersion," IEEE MTT-S IMS2023, pp.1003 – 1005, 2023-8.

Naoki Sakai

Naoki Sakai

Kanazawa Institute of Technology

IEICE Conferences Archives

塗布型カーボンナノチューブ薄膜トランジスタによる Gated anode diode を用いる 920MHz 帯レクテナ

本報告では薄形で安価な塗布プロセスが適用可能なカーボンナノチューブ薄膜トランジスタ (carbon nanotube thin –film transistor: CNT-TFT) による920MHz帯レクテナについて述べる.ここでは高い移動度が得られるCNT-TFTによりgated anode diode (GAD)を構成し,整流素子としている.このCNT-TFT GADは強い周波数分散特性を有するため,直流特性と高周波特性を用いモデル化している.このCNT-TFT GADにより倍電圧整流器を構成し,さらに高利得特性を有するデュアルループアンテナと接続し,レクテナを構成している.試作した920MHz帯レクテナの大きさは46mm x 92mmであり,基準アンテナへの受電電力0dBmの条件で0.41Vの出力電圧を確認した.これはEIRP 2Wの送信機から1.48m離れた場所での受電に相当する測定条件である.

Naoki Sakai

Naoki Sakai

Kanazawa Institute of Technology

IEICE Conferences Archives

倍電圧整流器 IC の高調波輻射量の評価結果

本報告では,倍電圧整流器ICの高調波輻射量の評価結果を報告する.一般的な倍電圧整流器の等価回路をもとにしたレイアウト(Layout A)と平滑用MIMキャパシタの配置を変え,対称構造にしたレイアウト(Layout B)を比較する.その結果として,Layout Aは入力電力25.6dBmのとき,整流効率67.2%,出力電圧8.6Vを得ている.Layout Bも同等である.また,2倍波電力への変換損の測定値は,Layout Aでは-38.5dBc@Pin = 25.6dBm,Layout Bでは-41.3dBc@Pin = 25.6dBmである.レイアウトを対称とすることにより2倍波の高調波輻射レベルが2.8dB抑制することができる.

Naoki Sakai

Naoki Sakai

Kanazawa Institute of Technology

IEICE Conferences Archives

量子ビット駆動用 X 帯偶高調波リングミクサ MMIC の特性

量子ビット駆動用マイクロ波信号源では,演算の判定誤りを抑制するため低スプリアス特性が要求される.これに適用するため,アンチパラレルダイオードペア(APDP)を用いる偶高調波ミクサを検討している.ここでは X帯偶高調波リングミクサMMICの評価結果を示す.

Naoki Sakai

Naoki Sakai

Kanazawa Institute of Technology

IEICE Conferences Archives

インピーダンス変成微小ループアンテナを用いる 28GHz 帯 GaAs 高感度レクテナ MMIC

Beyond 5Gに向け,ミリ波における通信と無線電力伝送(WPT)の融合システムを検討している. WPTのサービスエリア拡大のためには高感度レクテナが必要となる.本報告では,小形に高インピーダンス特性を実現できる微小ループアンテナ(SLA)を適用した28GHz帯GaAs高感度レクテナMMICの試作結果を示す.

Naoki Sakai

Naoki Sakai

Kanazawa Institute of Technology

IEICE Conferences Archives

整合回路付き高周波倍電圧整流回路の整流効率の理論式

本報告は整合回路を含む高効率倍電圧整流回路の設計に向けて,整合回路を装荷した倍電流整流回路の整流効率の理論式を導出する.

Naoki Sakai

Naoki Sakai

Kanazawa Institute of Technology

IEICE Conferences Archives

準同軸構造グァネラバラン GaAs IC の試作結果

平衡-不平衡変換を行う高周波回路としてマーチャントバランが良く用いられている.ただし,2つのλ/4結合線路で構成されるため小型化の課題がある.ここではバランの小型化に向けて,1つのλ/4同軸伝送線路で構成可能なグァネラバランを準同軸構造によりGaAs IC上に形成した.試作の結果,4~15GHzで,3dBの分配損とI/O パッドの損失を含む挿入損失は6.3±1.4 dB,振幅インバランスは0.7dB以下,位相インバランスは10.9度以下が得られた.I/O パッドを除くグァネラバランのコアサイズは425μm×345μmである.併せて作製したマーチャントバランと比較して同等の性能で22.2%の小型化が図れた.

Naoki Sakai

Naoki Sakai

Kanazawa Institute of Technology

Novel Energy Harvesting and SWIPT System at 28 GHz with a Simple Phased Array

The realization of future radiative wireless power transfer products necessitates a simple and low-cost phased array with higher frequency to increase the beam efficiency. Further, simultaneous wireless power and information transfer (SWIPT) are also expected. This study developed a simple phased array at 28 GHz while considering energy harvesting from 5G radio waves. The number of antenna elements in the phased array with parasitic elements were reduced and novel, simple, and low-cost phase shifters were employed. Consequently, beam steering and SWIPT experiments were conducted using the developed phased array. This study expanded upon the developed phased array and the experimental results in Japan.

Naoki Sakai

Naoki Sakai

Kanazawa Institute of Technology

920 MHz band rectenna with the CNT-TFT GAD

This paper presents the first demonstration of rectification with the carbon nanotube thin film transistor (CNT-TFT) for wireless power transfer (WPT) in the 920 MHz band. The CNT-TFT that is a coated TFT using semiconducting single-walled carbon nanotubes has advantage of low-cost fabrication and planner integration with an antenna on a thin film. On the other, reported frequency ranges were within HF bands due to their wider channel size. For applying the CNT-TFT to GHz-order rectification, the gated anode diode (GAD) is employed and is characterized for its modeling. As the results, practical operations of 920 MHz band rectenna with the CNT-TFT GAD and the dual loop antenna can be confirmed in experimental investigations.

Naoki Sakai

Naoki Sakai

Kanazawa Institute of Technology

電子情報通信学会論文誌 C

AMC 動作基板上の誘導性高インピーダンスモノポールアンテナを用いる 5.8 GHz 帯大電力レクテナ

本論文では薄形レクテナを地導体上に配置するために,AMC(Artificial Magnetic Conductor)動作基板上に配置した誘導性高インピーダンスモノポールアンテナを用いる5.8 GHz帯大電力レクテナの設計,試作結果を示す.ここではAMCから想起され,同様の動作をするグリッド導体を有する薄形基板であるAMC動作基板を用いることにより,地導体から2 mmの高さでモノポールアンテナを実現する.これを誘導性かつ高インピーダンス動作するよう設計し,整流用ダイオードとして用いる0.5 μm GaAs E-pHEMTによるGated Anode Diode(GAD)と共役整合する.整合回路を不要とすることで,高効率化を図っている.試作したレクテナの大きさは15 mm × 17.2 mm × 2.1 mmであり,地導体・金属上に実装可能である.測定の結果,整流器への入力電力31.8 dBm(1.51 W)に対し整流効率84.4%,出力電圧37.7 Vの良好な結果が得られている.

Naoki Sakai

Naoki Sakai

Kanazawa Institute of Technology

5.8 GHz band 10 W rectenna with GaAs E-pHEMT gated anode diode on the aluminum nitride antenna for thermal dispersion

In this paper, the 5.8 GHz band 10 W rectenna is demonstrated. The GaAs bridge rectifier IC with GaAs E-pHEMT gated anode diodes (GADs) is employed to obtain input power of 10 W. The IC is directly connected with the inductive high-impedance antenna to reduce circuits’ loss. Furthermore, the antenna is implemented on the aluminum nitride (AlN) substrate for thermal dispersion. With migrated circuit functionalities, simulated radiation efficiency of the antenna is 99.2 %. Measured rectification efficiency of the rectifier is 83.7 % at input power of 10 W. This is the top performance among 10 W class rectifies

Naoki Sakai

Naoki Sakai

Kanazawa Institute of Technology

IEICE Technical Report; IEICE Tech. Rep.

5.8 GHz band 10 W rectenna on the aluminum nitride antenna for thermal dispersion

(in English) This paper presents the 5.8 GHz band 10W rectenna with GaAs E-pHEMT gated anode diode (GAD) on the aluminum nitride (AlN) antenna. The rectifier IC on the prototyped AlN antenna achieved a rectification efficiency of 83.7% at an input power of 10.5 W while maintaining a GAD junction temperature of 48 degrees. These results demonstrate that the rectenna can continuously receive RF power of 10 W with high rectification efficiency. Furthermore, we demonstrate a 3x3 rectenna array with the prototyped rectenna in a microwave power transfer (MPT) system. The MPT system with the rectenna array could transmit a DC power of 43.4 W, allowing a drone to fly continuously for ten minutes.

Naoki Sakai

Naoki Sakai

Kanazawa Institute of Technology

IEICE Conferences Archives

GaAs E-pHEMT GAD を用いる準ミリ波帯 1W 整流器 MMIC

GaAs E-pHEMT Gated anode diode を用いて26GHz帯1W倍電圧整流器MMICを設計した.測定結果は,26GHzにおいて入力電力29.5dBmのとき整流効率62.2%,出力電圧31.1Vである.GADにより準ミリ波帯において大電力・高効率整流が可能であることを示した.

Naoki Sakai

Naoki Sakai

Kanazawa Institute of Technology

IEICE Conferences Archives

5.8 GHz 帯 10W 級倍電圧整流器 MMIC

マイクロ波での無線電力伝送(MPT)が法制化され,その実用化が進められている.筆者らは,MPT用レクテナの大電力化のため,GaAs E-pHEMTによるGated anode diode (GAD)を用いる大電力レクテナの検討を行っている.本報告では5.8GHz帯10W級倍電圧整流器MMICの評価結果を示す.

Naoki Sakai

Naoki Sakai

Kanazawa Institute of Technology

IEICE Conferences Archives

ダイオードの閾値と降伏電圧を考慮した倍電流整流回路の解析

無線電力伝送システムにおいて,整流回路は受電した高周波電力を直流に変換し負荷へ給電するために欠かせない回路である.倍電流整流回路はモーターや電池などの低電圧・大電流で動作する負荷へ直流電力を供給するのに向いている.過去の発表ではダイオードを理想的なスイッチと仮定し,倍電流整流回路の動作および理論効率をまとめている.本稿では閾値電圧ならびにブレイクダウン(降伏)電圧を含んだダイオードモデルを用い,倍電流整流回路の動作について報告する.

Naoki Sakai

Naoki Sakai

Kanazawa Institute of Technology

IEICE Conferences Archives

GaAs E-pHEMT gated anode diode を用いる 5.8 GHz 帯 5W レクテナ

大電力化に適するGaAs E-pHEMTによるgated anode diode(GAD)を用いる5.8GHz帯5Wレクテナの試作結果を示す.入力電力Pin=37dBm(5W)のときに整流効率=85.2%,出力電圧Vout=35.8Vである.

Naoki Sakai

Naoki Sakai

Kanazawa Institute of Technology

IEICE Technical Report; IEICE Tech. Rep.

Quasi millimeter wave high-power rectifier with GaAs E-pHEMT GADs

(in English) In this report, quasi-millimeter wave 1 W-class double-voltage rectifier MMIC with 0.18 μm GaAs E-PHEMT gated anode diodes (GADs) is presented. At first, high current characteristic of the 0.18 μm GaAs E-PHEMT GAD is indicated in its characterization, compared with the GaAs SBD. As the result, terminal capacitance of the GAD is made lower than that of the GaAs SBD, matching loss can be reduced especially in high-power rectification. In the experimental investigation of the developed double voltage rectifier MMIC, rectification efficiency of 62% and output voltage of 32.9 V are obtained at an input power of 30 dBm. This is the highest input power in reported rectifiers from 20 to 40 GHz band. And measured rectification efficiency is extreme higher than the reported efficiency trend versus input power. The reported circuit technique with the GaAs E-PHEMT GAD indicates good possibility for future …

Other articles from IEICE Conferences Archives journal

Takumi Miyoshi

Takumi Miyoshi

Shibaura Institute of Technology

IEICE Conferences Archives

ジェスチャを用いた位置と向きに基づく P2P グループ会話システム

現状のグループ会話において,同グループ内での並列な会話が難しいという問題がある.その問題に対し,従来手法として,位置や向きを用いて受話者を選択しながらグループ会話を行うシステムが提案されているが,受話者選択の際に画面を見る必要があり,操作性や利便性に課題が残っている.そこで,ジェスチャを用いて受話者を選択するグループ会話システムを提案する.ジェスチャの種類によって受話者の選び方を変えることで,画面を見る必要なく,柔軟に受話者を選択しながら会話を行うことができる.また,ジェスチャには直感的かつ簡潔なものを選択しているため,歩行時でも利用可能なシステムとなっている.

Takumi Miyoshi

Takumi Miyoshi

Shibaura Institute of Technology

IEICE Conferences Archives

ネットワーク技術を応用した UAV 分散管理手法

配送サービスやセンシングなどの様々な場面で,無人航空機(UAV: Unmanned aerial vehicle)の利用が期待されている.将来,個人や事業者などに依らずUAVを活用したサービスが混在する環境では,各UAVを管制するシステムが必要となる.これに対し,多数のUAVを管制するシステムが提案されているものの,個人を含む様々な利用者によるシステムへ参加は難しいと考えられる.本稿では,様々な利用者が混在する高密度なUAV環境に対応可能な,地上に設置したビーコン装置群から構成されるネットワークを用いて自律飛行するUAVを制御する,ネットワーク技術を応用したUAVの分散管理手法を提案している.

Taku Yamazaki

Taku Yamazaki

Shibaura Institute of Technology

IEICE Conferences Archives

A Method to Share Intermediate Layers in Split Learning

In this paper, we propose a method to share some of the intermediate layers in split learning (SL). One configuration method for SL towards privacy preservation has already proposed. That configuration has three sections; input layer section, intermediate layer section, and output layer section. In that configuration, however, the server has to maintain as many intermediate layer sections as the number of clients considering multiple clients. Therefore, we propose a new method to share the intermediate layer section in that configuration considering multiple clients. As an evaluation result, the proposed method can achieve higher accuracy and less used memory size than the conventional method by sharing the intermediate layer section in the server.

Hirotaka Ono

Hirotaka Ono

Nagoya University

IEICE Conferences Archives

ぷよぷよマッピング問題

ぷよぷよとは人気の高い落ちものパズルゲームで,このゲームは重力に従って落下していく1組2個の単色または2色の組ぷよを盤面上で左右に操作,配置し,配置されたぷよの組合せによって,ぷよの消去を行うことでゲームが進行する.本研究ではオフラインパズル問題として,与えられた組ぷよの入力列から指定された配置が可能かを判定するぷよぷよマッピング問題を提案し,その計算困難性および指数時間アルゴリズムを与える.

Kyoya Takano

Kyoya Takano

Tokyo University of Science

IEICE Conferences Archives

SiGe BiCMOS 集積回路を用いた 700GHz テラヘルツ物性センサ用誘電体共振器の設計

テラヘルツ帯には物質固有の周波数スペクトルが存在し,それを用いて物質を特定することが可能である.テラヘルツ物性センサの実用化には集積回路を用いた小型化が必要であるが,低損失でかつ高感度なテラヘルツセンサ回路の実現が困難である.本研究では,集積回路半導体チップを実装する低誘電体基板上に誘電体共振器を形成したテラヘルツセンサ回路を提案する.シミュレーションの結果,測定試料の比誘電率を1から15 にすると700 GHzで透過利得が-4.8dB,位相は 75°変化し,測定試料の誘電正接を変化させると透過利得と位相には線形性がみられ,透過利得の傾きは-0.828dB となり,位相の傾きは4.29°となった.共振器の段数を 2から3にすると共振周波数の変化の傾きは-7.6 GHzから-9.0 GHzとなり,感度が増加することが分かる.

Tetsutaro UEHARA

Tetsutaro UEHARA

Ritsumeikan University

IEICE Conferences Archives

セキュリティパッチを利用したハニーポットのコンテンツ切替手法の提案

ハニーポットはサイバー攻撃に関する情報収集を行う.実際に攻撃を受けることで情報を収集するため,攻撃者から攻撃行為を引き出す必要がある.攻撃者はハニーポットを検知し回避することを試みるため,ハニーポット固有の動作を減らすことが重要である.本論文ではセキュリティパッチを用いて攻撃行為を検知し,通常のクライアントと攻撃者で提供するコンテンツを切り替えるハニーポットを提案する.攻撃検知前にはHTTPサーバとして動作するため,攻撃者からハニーポットであると判断される可能性を低減する.提案機能のオーバヘッドを測定した結果,パッチが起動し攻撃者のIPアドレスを保存することによるオーバヘッドは0.023[ms]であった.

Toshio Sato

Toshio Sato

Waseda University

IEICE Conferences Archives

低遅延でインタラクティブなゼロレイテンシー映像・Somatic 統合ネットワーク (4) 遠隔作業における映像予測による遅延補償

ネットワークを介した遠隔作業において発生する映像伝送に対する遅延補償について,映像予測技術を適用することで実現する.PredNetを用いた実時間処理を実装し,3フレーム/秒の映像を用いて333ms将来予測のフレームを生成した.正解の将来フレームと予測フレームをピーク信号対雑音比(PSNR)により比較した結果,現時点フレームでは平均20.9dBであるのに対して,予測フレームのPSNRは平均23.7dBと優れていた.また,1フレームを予測するための処理時間は平均39.7msで,画像から予測器と予測器出力から画像へのデータ変換を含めた処理時間は平均73.4msであった.映像予測処理時間を差し引いても単純に250ms程度以上の遅延補償を実時間処理で実現できる可能性があることを示した

Xin Qi

Xin Qi

Waseda University

IEICE Conferences Archives

Experimental Evaluation of SDR-based GNSS Spoofing Attacks

With the development and utilization of autopilot technology, unmanned transportation systems will bring many benefits in transportation and logistics. GNSS, the positioning technology widely used by the navigation system, has been criticized for its security and accuracy. In recent years, SDR-based GNSS spoofing attacks have become easy to implement with the commercialization of SDR technology. As the technical threshold for GNSS attacks is lowered, it will threaten autopilot technology.This paper presents an experimental evaluation of GNSS spoofing attacks using SDR devices and receivers.

Nobuo Kawaguchi

Nobuo Kawaguchi

Nagoya University

IEICE Conferences Archives

自律ネットワークと双方向 CDN の連携方式について

本研究では,Beyond 5Gのサービスで求められる,より高度なネットワーク制御と事業者間連携に向け,自律ネットワーク(Autonomous Network,以下AN)と双方向CDN(Contents Delivery Network)と自律移動ロボット(Autonomous Mobility Robot,以下AMR)が連携し,リモートサービスの社会実装に向けた検討を行っている.これまで小規模プロトタイプとしてANと双方向CDNの基本機能を利用した同期視聴制御やAMRとしてMetaPoというロボットを開発した.本報告では,ANと双方向CDNの連携方式と連携設計を評価した結果について述べる.

nakazawa masataka

nakazawa masataka

Tohoku University

IEICE Conferences Archives

フューモードファイバ中の GAWBS 雑音特性

光ファイバ断面内に生じる熱音響振動モード(R0mおよびTR2mモード)とコア中を伝搬する光電界との相互作用により,導波音響波型ブリルアン散乱(GAWBS: Guided Acoustic-Wave Brillouin Scattering)と呼ばれる光位相・偏波変調雑音が誘起される.これまでに我々は様々な種類の単一モードファイバおよびマルチモードファイバ中のGAWBS雑音特性を解析し,そのデジタルコヒーレント伝送への影響について明らかにしてきた.今回,フューモードファイバ(FMF: Few-mode fiber)中で生じるGAWBS雑音特性を実験解析し,縮退モード間の結合を介した強度雑音,および異なるLPモード間の結合を介した周波数シフトを伴うGAWBS雑音が新たに発生することを明らかにしたので報告する.

Tatsuya Suzuki

Tatsuya Suzuki

Nagoya University

IEICE Conferences Archives

F1TENTH: 自動運転ミニカーレース国際大会への参加・入賞報告

F1TENTHは1/10スケールの自動運転ミニカーを用いた国際的なレース競技会である. 大会規則によりハードウェア性能に一定の制限が存在することから自動運転アルゴリズムの優劣を競う側面が強く, 最先端の研究成果が搭載されることも珍しくない. 名古屋大学発のチームは2023年開催のF1TENTH大会に参加し, 上位入賞を果たした. 本発表では, 大会競技の概要, 開発した自動運転システムの構成, 及び競技参加により得られた知見を報告する.

Takumi Miyoshi

Takumi Miyoshi

Shibaura Institute of Technology

IEICE Conferences Archives

位置依存形 P2P における動的モジュールを利用したサービス実現手法

近年,位置情報を利用したサービス(LBS: Location-based service)が増加している.また,既存の無線通信インフラを用いて周辺端末との相互通信を実現する技術として,位置依存形 P2P通信基盤 G-LocON (Geo-location oriented network)が提案されている.筆者らは,G-LocON を用いたさまざまな LBS を提案しているが,それぞれ単一の機能のみの提供となっておりユーザの利便性は低い.本稿では,位置依存形 P2P における動的モジュールを利用した LBS 実現手法について検討した.

Yoshinobu Kajikawa

Yoshinobu Kajikawa

Kansai University

IEICE Conferences Archives

ANC システムにおけるバーチャルセンシング技術の消音領域に関する検討

アクティブノイズコントロール(ANC)システムは騒音に対して同振幅,逆位相の擬似騒音を生成し,騒音と重ね合わせることで騒音低減を行うシステムである.ANC では一般的に誤差マイクロホン地点を中心に消音領域(ZoQ : Zone of Quiet) を生成できるが,ZoQ の大きさは制御対象となる騒音の周波数で決まる.よって,所望地点にマイクロホンを設置できない場合,十分な低減効果が得られない可能性がある.このような状況に対応するためには,バーチャルセンシング技術を導入しZoQ を所望地点に移動させる必要がある.本稿では,バーチャルセンシングを導入したANCシステムについて実機実験を行い,バーチャルセンシングを用いた場合の消音領域の大きさについて報告する.

Nobutaka SHIMADA

Nobutaka SHIMADA

Ritsumeikan University

IEICE Conferences Archives

ROS2 による分散協調処理を用いた人物行動の検知及び変遷情報に基づく MR 空間への情報提示

小型化,高画質化が進むカメラやIoTデバイスの登場により,現実の空間・人物を感知し,空間の監視や制御が行われるようになった一方で,MRの登場により前者で得た環境情報をHMDユーザーに提示し,操作させることが可能となった.本研究では,ロボット分野の通信フレームワークでよく用いられるROS2によって分散協調処理を行い,カメラ映像で監視された空間への人物の物体の持ち込み・持ち去りといったイベントを検出し,そこで得られる情報とそれらを蓄積した変遷情報を用い,MR空間上で提示し操作できるようなシステムを作成した.実際にカメラで監視している領域に物体を持ち込んだ際,HMDユーザーへ3D Bounding Boxや人物骨格を用いたイベント情報を提示した.その結果,HMDユーザーは物体が持ち込まれるまでに人物が行った動作を3次元の骨格情報として閲覧可能なことが確認できた.

Takashi Hikage

Takashi Hikage

Hokkaido University

IEICE Conferences Archives

医療用埋込金属プレート近傍の SAR 上昇に関するばく露平面波到来角度依存性の評価

人体に金属を埋め込んでいる場合,指針値以下の電波ばく露でも局所的な比吸収率 (SAR : Specific Absorption Rate) 上昇の可能性が示唆されている.現在,骨折治療等を目的として様々な医療用体内埋込金属プレートが開発されており,これらの装着者に対する指針適合性の検討が必要とされている.著者らはこれまでに,金属プレートを埋め込んだ人体に電波をばく露したときのSAR 上昇を評価し,金属プレートの空隙部で共振現象に起因したSAR上昇が発生することを明らかにしてきた.本稿では,ばく露平面波の到来角度を変化させた場合の金属プレート空隙部におけるSAR 分布について4G/LTE 周波数帯を対象に評価する.

Noriharu Suematsu

Noriharu Suematsu

Tohoku University

IEICE Conferences Archives

Kinematic 測位における仰角マスクと信号強度マスクの影響

我々は,GPS (Global Positioning System) に代表される NSS (Navigation Satellite System) を用いたIoT (Internet of Things) 向けネットワーク Kinematic 測位システムを提案している.このとき,多数の基準局を稠密に設置することが測位機会の増大につながるため,簡易に基準局を設置できることがシステム実現のために必要となる.本稿では,基準局の位置決定時の仰角マスクと信号強度マスクの影響について報告する.

Minseok Kim

Minseok Kim

Niigata University

IEICE Conferences Archives

Multipath Extraction in a Conference Room Scenario at 300 GHz using Subgrid CLEAN

This article presents the extraction of MPCs from a measurement campaign conducted in a conference room at 300 GHz using the subgrid CLEAN algorithm. The close resemblance of the reconstructed and measured power delay profile (PDP) and the low percentage of residual power as observed in the angular power spectrum (APS) confirms the effectiveness of the extraction technique.

Takeshi Yoshida

Takeshi Yoshida

Hiroshima University

IEICE Conferences Archives

寄生素子を含む L 型 LC/CL 整合回路の特性検討

L型LC/CL整合回路は,解析解が容易に得られ,多くの無線周波数(RF)回路に応用されている.これが多段化した場合の設計法についても多くの研究がなされている.実際の回路では,インダクタや容量には寄生素子が存在する.しかし,整合回路を構成する各素子に寄生素子が付加された場合の効果についてはいくつか例はあるが,あまり研究されていない.ここでは検討の第一段としてL型LC/CL整合回路を構成するLに並列寄生容量が,Cに直列寄生インダクタが付加された場合の特性を検討した.

Jianming HUANG

Jianming HUANG

Waseda University

IEICE Conferences Archives

Basis Optimal Transport with GPU-parallelizable Sinkhorn's Solver for Size-variable Distributions

The Sinkhorn’s solver provides an effective way to compute optimal transport (OT) problem with GPU parallelization, which greatly accelerates the solution. However, the application of GPU parallelization for Sinkhorn’s solver has a strict condition: all pairs of distribution should have a fixed size. Many real-world datasets such as graph datasets usually have variable sizes, which are not able to benefit from GPU parallelization. To overcome this difficulty, we propose a method to translate the problem of size-variable distributions into size-fixed ones, named Basis OT (BOT).

Nobuyuki Yoshikawa

Nobuyuki Yoshikawa

Yokohama National University

IEICE Conferences Archives

Design of 4-bit Irradiation Time Control Circuits for a Superconductor Microwave Generator Using Single Flux Quantum Circuits

We design a 4-bit irradiation time control circuit for superconductor microwave generator using SFQ circuits. We compared the characteristics of the 4-bit SFQ irradiation time control circuit and the 4-bit AQFP irradiation time control circuit. The proposed circuit area is 84.4% smaller than the AQFP circuit. Moreover, the proposed circuit can work at a higher frequency, at 50 GHz, which means higher precision irradiation time control can be performed than the AQFP circuit. SFQ circuits can accomplish higher precision irradiation time control with a smaller area but need more energy.